中華料理の進化

中華料理の特徴は、海外の料理や食材を積極的に取り入れ、消化・応用していくことである。

麻婆豆腐の唐辛子や、青椒肉絲のピーマンなどは中華料理に欠かせない食材となっているが、中国に伝わったのは16世紀以降と、歴史的な背景からすればつい最近導入された食材にすぎない。

また、広東料理には欠かせないオイスターソースは
19世紀末に開発され20世紀に入ってから普及したものである。

以後南宋から元代にかけて普及した。しかし、古代の中華料理は現在とはかなり異なっていた。

煮込み・直火焼き・羹(あつもの)が多く、今日ではすたれた膾(刺身のような生肉・生魚の料理)もよく食べられており、「羹に懲りて膾を吹く」「人口に膾炙(かいしゃ)する(「炙」は直火焼きの焼き肉)」など、古代中国由来のことわざ・慣用句にも窺うことができる。また、中華料理の手法も、海外の料理に大きな影響を受け、独自の発展を遂げる例も珍しくない。 大皿に盛られた料理を取り分けるスタイルから、フランス料理のように一人前ずつ盛った料理をコース順に出し、素材や料理法も現代的に洗練されたヌーベルシ ノワなどはその一例である。


⇒⇒プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ

⇒⇒ 17種類の中華料理ヘルシーレシピ無料プレゼント

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ヘルシー 中華料理 レシピ 家庭でも作れるプロの味:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tyuukany-su.1ay.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。