中国茶

中国茶(ちゅうごくちゃ)は中国大陸または台湾で作られる茶の総称です。

台湾独自のブランドで凍頂烏龍茶や、台湾特有の製法で作られる東方美人など台湾で作られる茶を中国大陸の茶と区別し台湾茶の呼称を用いる場合もあるが、この項目では中国および台湾で製造され、かつ好まれて飲まれるものを「中国茶」として記述する。

現在、中国茶として飲まれるものを詳細に分類すると数千種にも及ぶとされるが、製法によって大きく6種類(青茶・黒茶・緑茶・紅茶・白茶・黄茶)に分けられる。これらを六大茶類と呼ぶ。中国や台湾はいうに及ばず、世界中にその愛好者を持っている。

お勧めサイトURL
⇒⇒プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ

⇒⇒ 17種類の中華料理ヘルシーレシピ無料プレゼント

この記事のタグ

サイト内関連記事

歴史(中国茶)
中国のお茶の歴史 中国では「お茶」は「茶 ちゃ chá」とも「茗 めい míng......
歴史(茶芸)
もともと中国には、日本のようなお点前は なく、 茶芸は台湾で大手茶問屋の社員だっ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ヘルシー 中華料理 レシピ 家庭でも作れるプロの味:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tyuukany-su.1ay.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。