歴史(中国茶)

中国のお茶の歴史
中国では「お茶」は「茶 ちゃ chá」とも「茗 めい míng」とも呼ばれています。

中国の伝説では、神農の時代からが飲まれてきたと言われている。
漢の時代に書かれた詩にを表す文字が見られ、それが最古の文献と言われている。当時は嗜好品というより、お茶は、薬としての役割が強かったみたいです。

隋の時代には、お茶を火にかけ煮出す方法
抹茶、煎茶など、さまざまな楽しみ方がされるようになりました。

同時に茶器の原型といわれるものが多数考案された。
宋の時代では、お茶の新しい製法が次々に考案されました。
お茶の種類が爆発的に増えたのもこの時代です。
闘茶などの遊びも考案された。さらに、が主要な輸出品となった。
清の時代、茶器が現在使われている茶器とほぼ同じ物になった。

お勧めサイトURL
⇒⇒プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ

⇒⇒ 17種類の中華料理ヘルシーレシピ無料プレゼント

この記事のタグ

サイト内関連記事

中国茶
中国茶(ちゅうごくちゃ)は中国大陸または台湾で作られる茶の総称です。 台湾独自の......
歴史(茶芸)
もともと中国には、日本のようなお点前は なく、 茶芸は台湾で大手茶問屋の社員だっ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ヘルシー 中華料理 レシピ 家庭でも作れるプロの味:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tyuukany-su.1ay.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。