歴史(茶芸)

もともと中国には、日本のようなお点前は なく、
茶芸は台湾で大手茶問屋の社員だった蔡榮章(現「陸羽茶学研究所所長」)が1970年代後半ごろ日本の茶道を参考に創始したものである。

大手茶問屋 の茶葉消費促進策で、この問屋が設立した「陸羽茶芸中心」がお茶の知識やいれ方の技能を問う「泡茶師」の資格試験も実施している。それが、経済成長下の中 国大陸に入り、やがて韓国にも広がっていった。

明代から清代の初めにかけて、福建省の南部で生まれたとされる
ウーロン茶の飲み方「工夫茶」 が原型になってはいるものの、
当時の記録にお茶の入れ方、動作については触れられておらず、もっと手順が簡単だったと見られる。

現在の茶芸の茶巾をたたむ という所作は、日本の茶道の影響の表れであるといえる。基本的には「日本の茶文化とは、客をもてなす事。中国は美味しいお茶を楽しむ事」と認識される。


お勧めサイトURL
⇒⇒プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ

⇒⇒ 17種類の中華料理ヘルシーレシピ無料プレゼント

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ヘルシー 中華料理 レシピ 家庭でも作れるプロの味:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tyuukany-su.1ay.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。