中国料理の歴史

中国の中原地方の料理が外部文化の料理に影響されたために地域差が大きく、地方ごとに食材・調理法が違う。

さらに、仏教徒向けの精進料理として素菜が、イスラム教徒向けの豚肉とその加工製品、ラードを用いない清真菜がある。

日本料理や西洋料理に比べて強い火力を用いる炒め物が目立ち、油(ラード、ゴマ油など)を多用する料理が多いという傾向がある。また、現在の中国では、火を加えない食品をとることは忌避(食習慣や罪人食という偏見の為)されることがあり、温かい食事をとることが重視されるため、生野菜の使用や冷たい料理は少ない(伝統的な料理では杏仁豆腐程度)

お勧めサイトURL
⇒⇒プロの中華料理人が教える家庭的なヘルシーレシピ

⇒⇒ 17種類のヘルシーレシピ無料プレゼント

この記事のタグ

サイト内関連記事

中国料理食文化
中国のナカハラ地区の食物が外の文化の食物により影響されて、1区ごとに食品とレシピ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ヘルシー 中華料理 レシピ 家庭でも作れるプロの味:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tyuukany-su.1ay.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。